登った日 2008年10月25日(日)
天気
メンバー Hgさん、多摩moguさん、Chiyomiちゃん、シマダさんJJ1LBDさん
リブルさんいっきさん、mogu
目的 秋の奥多摩オフ会
行程 青梅駅7:45集合〜作場平駐車場9:25〜(55分)〜ヤブ沢峠10:20/10:30〜(25分)〜分水嶺碑10:55〜(25分)〜笠取山山頂11:20〜(15分)〜水干11:35〜(25分)〜笠取小屋12:00/12:30〜(1時間25分)〜石保戸山13:55/14:05〜(1時間5分)〜新犬切峠15:10〜(40分)〜作場平駐車場15:50着※歩行時間5時間35分
笠取山・石保戸山




 久しぶりにHgさん主催の奥多摩オフ会に参加〜いつ以来かなとレポを見てみたら、去年5月の酉谷山以来で去年の秋と今年の春は天気が悪くて中止になってしまったのでした。このオフ会は奥多摩を知り尽くしているHgさんが企画してくれるので参加者は何処に連れて行ってくれるのかな〜と楽しみなのです。さて今回のコースは何処かな〜と思っていたら


「作場平口〜笠取山〜[林道・途中から石保戸山北面の水源巡視路]〜石保戸山〜[防火帯の尾根通し]〜犬切峠〜作場平口
林道や防火帯の尾根は紅葉が盛りで天気が良ければ気持ちよいコース(の筈)です^^;
石保戸山北面の水源巡視路も紅葉のきれいな林に加え平坦で歩きやすい道です。
最後の防火帯はちょっとアップダウンがありますが。」


とメールが来て笠取山は知っていましたが石保戸山?と思い地図をみてみたら登山道がない破線コースでした〜Hgさんと一緒だと普通の所には行かないから納得です。今回の参加者はHgさん、多摩moguさん、Chiyomiちゃん、シマダさん、JJ1LBDさん、リブルさん、mogu、そして初参加のいっきさんの8名です。いつものように青梅駅に集合して多摩mogu号とHg号に便乗して笠取山に向かう。



青梅駅ではバカボンのパパがお出迎え〜


奥多摩湖周辺はまだ紅葉には早そうでしたが一之瀬の林道に入ると結構紅葉しています。でも天気予報では晴れだったのに雲が多くていまいちはっきりとしない天気、やっぱり紅葉は晴れていた方が綺麗よね。笠取山は交通機関が無く車でしか来られないところ、私とChiyomiちゃんは3年前の奥多摩オフ会で連れてきて貰っています。あの時はシャクナゲが綺麗だったなぁ〜登山口の作場平に着き支度をして出発。





藪沢コースをみんなそれぞれに写真を撮りながらヤブ沢峠に向かって登っていきます。ここの紅葉がちょうど見頃、でも写真に撮っても曇りだからか腕が悪いのか私のデジカメでは綺麗な色が出ないのが残念。



このコース、紅葉が綺麗です。

歩きやすい登山道を上りヤブ沢峠に到着


峠でひと休みしてから笠取小屋を経由して笠取山に向かう、前回も見た小さな分水嶺の丘から雁峠に向かう登山道が見えその先は雁坂峠・甲武信岳に続いているいつか通して歩いてみたいな。



笠取山が見えてきた〜手前の丘が小さな分水嶺

雁峠方面、あの先に雁坂峠・甲武信岳あるのね。

三角の碑は多摩川・荒川・富士川と書かれている。


見るからに急登の笠取山に向かい急登を登ると笠取山山頂、山頂からは唐松の紅葉が綺麗に見えるさてここから多摩川の最初の一滴が出ている水干に行くのですが、Hgさん近道だと言って登山道でない笹藪を下っていったので私達も後に続いたのですが、後の方でChiyomiちゃん「うそ〜こんなところ下るの?」と言いながら時々笹で滑りながら下りてきてひと言「ここは疑惑のHgルートだわ」と言ったので笑ってしまった。最初の一滴を確認してChiyomiちゃんが地図に神社マークが有るけど何処に神社有るのというとHgさんが上にあるよと言って登っていった。下からは屋根しか見えないけどちゃんとお社がありHgさんが代表してお参りをしてくれました。



バリカンで刈ったような笠取山の登り

山頂からの景色

ショートカットして下りた笹藪。水干多摩川の最初の一滴、上に祠がある


笠取小屋に戻りここでお昼、さっきは余り人が居なかったのにたくさんの人が居てびっくりです。お昼を食べ藪沢峠方面に戻りこんどは真っ直ぐに柳沢峠方面に歩いていきます。立派な林道は雁坂小屋の人が通る道とのことですが登山者の人は居ない。しばらく林道を歩いて途中から左に入り石保戸山に向かう。この道がほぼ平坦のトラバース道でとても歩きやすい素敵な道です。



笠取小屋前でお昼〜

ヤブ沢峠から先は登山者にも会わない

林道から登山道に入ります、平坦な歩きやすい道。

登山道の途中からみた紅葉、実際はもっと綺麗でしたよ


紅葉を見ながら歩いていくとHgさんあと2箇所ほど登りがありますと言っていた防火帯の登りを登ります。途中から左に行くと藪の中に石保戸山頂の読めない標識と三角点があった。もとの防火帯に戻り登り切るとそこには9月に設置されたらしい新しい標識が掛かっていた。ここに来る人もいるのねぇその標識の前で休んでから防火帯を急下降していく。



唐松林を抜けると左に防火帯、ここを登り

石保戸山山頂〜左は藪の中の山頂、右が防火帯を登り切ったところの標識。

防火帯の下りは思っているよりも大変!!


防火帯は借り払われていますが道が付いているわけでないので結構歩きづらい。急傾斜を下り平坦になったところに一般車の通行は禁止されている林道とぶつかる。ここから最後の防火帯の登りになりますが後を振り返ると見事な紅葉天気が良かったらねぇ、防火帯を登り切り今度は下りなのですがこちらの紅葉もまたまた見事〜さすがHgさん素敵な場所を知っている、私達だけだったら絶対に来られない場所だわ。







防火帯の登りから歩いてきた方面を見る・・・素晴らしい紅葉

熊棚のある木、防火帯でも全ての木が切られているわけではないのねぇ〜

ここを下っていくと林道に出る。正面の山は天狗棚山かな?


防火帯を下りると林道に到着、ここから車を駐めてある作場平に歩いて戻りますが結構通る車が多い。林道の紅葉を見ながら車の所まで戻り、ここで温泉にいく私とChiyomiちゃんリブルさんはHgさんの車で温泉まで送ってもらうことに、そのまま帰る4人の方達とはここでお別れました。
 

林道に到着〜


今回も車を出してくれた多摩moguさんありがとう〜そして、温泉に送ってくれたHgさん、お手数お掛けしました。温泉から鳩ノ巣までHgさんに送っていただき、沢の帰りに寄る釜飯屋さんでプチ打ち上げ〜今回もまた魅惑のHgさんルートを歩くことが出来て楽しかったです、また来年もよろしく〜