登った日 2008年9月22日(月)〜23日(火)
天気 /
メンバー Chiyomiちゃん・mogu
目的 とにかく行ってみる
行程 22日:甲府〜()〜広河原〜広河原峠〜早川小屋(泊)
23日:早川小屋〜広河原峠〜赤薙ぎの頭〜白鳳峠〜高嶺〜
賽の河原〜地蔵岳〜ドンドコ沢〜青木鉱泉
南ア・地蔵岳


9/22(月)
22日:甲府駅〜(バス)〜広河原11:35〜(25分)〜広河原峠登山口12:00〜(2時間15分)〜広河原峠14:15/14:25〜(30分)〜早川小屋着14:55着
※歩行時間 3時間10分(小休止ふくむ) / 休10分


 秋分の日の連休には両俣小屋から北岳に登り白根三山を縦走するつもりで楽しみにしていたのですが、なんと台湾にあった台風が90度旋回して日本に向かって来る〜なんてこった!!一緒に行くChiyomiちゃんと天気予報を見ながらどうしようか相談、両俣小屋から北岳に登る登山道は沢を何回か徒渉するので、大雨が降った後は無理と判断して一番初めにこのコースは断念。次ぎに広河原から北岳に登るコースにしたら、天気の回復が遅くChiyomiちゃん曰く雨の中北岳登るの嫌だし農鳥までの稜線は晴れた時に歩かないと怖いと言うことでこのコースも却下。


さて2泊の予定が1泊になり何処に行こうかと言うことになり、Chiyomiちゃんが去年歩いてガスで何も見えなかったのでもう一度行きたいと言うので、広河原から広河原峠に登り早川小屋に泊まり地蔵岳からドンドコ沢を下りるコースに決まった。幸い天気予報では23日は良くなる予報なので22日は雨でも行くことになった。このドンドコ沢のコースは私にも因縁のコース、私が山登りを始めて最初に登ったのが鳳凰三山だったのです詳細はこちら「2000・9月鳳凰三山」見てね。今から考えると遭難一歩手前、良く無事で下りたと思う程でした。その後一度ドンドコ沢を歩いてみたかったのですが機会が無く、私にも良かったのですがぁ〜忘れていましたドンドコ沢の下りが凄いことを・・・・


22日甲府から広河原に行くバス平日は9時30分発、立川で各駅の甲府行きに乗っているとChiyomiちゃんからはメールで明日は「ドピーカンだよ♪」のメールを貰い、今日もお昼頃には雨も上がってくれるだろうと思っていた。8時30分に甲府駅に着いたら雨〜私がぼやくとまだ昼前じゃないのとChiyomiちゃん。こんなお天気なのに広河原行きのバスは19人の乗客が乗っている、みんな明日の晴天を期待して広河原まで行くのかな?夜叉神峠で2名下りてバスは広河原11時30分に到着。


何年ぶりの広河原だろうか、最後に来たのは仙丈岳を登りに来たときだから6年前だ。バス停の位置も変わっていてこんなところだったっけと回りを見回してしまった。まだ雨が止まず雨具を着ての出発です。室堂の時もそうだったのでなんだか雨具来て歩くのやだなぁ。Chiyomiちゃんはというと今日は樹林帯の中を登り小屋までだから別に雨でもいいわ〜と言って張り切っていたけど私はテンション下がりっぱなし、昼を過ぎても雨止まないじゃないの〜とぼやきながら広河原を出発。途中で北岳から下山してきた登山者が「雨が凄かった〜」と言いながら下りてきた。こんな日に北岳から下山なんて危険じゃないのかな・・・・まぁ無事に広河原に着いたから発した言葉だと思うけどね。



広河原の駐車場〜昔はもう少し上だった


林道を30分ほど北峠方面に歩くと2人組が先を歩いていて、単独の男性も1人後から歩いてくる。広河原峠の登山口に到着、この先は通行止めになっていました。沢沿いの道をしばらく上り途中からは原生林の中の登りになる、ここからの登山道余り明確ではなく沢登りの詰めのような直登が続いて暑いし雨は止まないしでほとほと嫌になる。単独の男性はテント泊なのか大きな荷物を背負っていて大変そう、2人組は私達の少し先を登っていく。



広河原から25分で登山口に到着


見渡せばコメツガの原生林で苔が綺麗なのだけど写真を撮っている余裕無し、途中で休むことも多くなり2時間を過ぎた当たりでChiyomiちゃんとあとどの位だろうねぇと話しコースタイムは3時間30分だからまだだよ言われ、こんな登りが後一時間も続くのかとうんざりして元気なChiyomiちゃんに先に行って貰う。少し歩いていると「着いたよ〜」の声が聞こえて私「えーーーー!!」なんと2時間15分で着いてしまい、2人でエアリアマップのコースタイムは甘いねと言い合うがもう登らなくて済んで正直ホッ、ここに来てやっと雨も止んできた。



登山口に咲いていたフジアザミと原生林の中の登山道

やっと広河原峠に着きました


広河原峠からの登山道は広くて歩きやすい少し登り穏やかな尾根道を歩いているとトレイルランナーの人がいつの間にか後に来ていてびっくり!!ちょうど熊の話しをしていたところなので本当に驚きました〜しかしこの方この雨の中何処から来て何処に行くのでしょうか。そんなこんなで歩いていると早川小屋に到着〜テントは1張り、小屋には先に歩いていた2人組の人と、単独の男性1人と北海道から来たと言う女性1人がいました。30分くらい後に一緒に登ってきた男性とさらに一時間後に甲斐駒方面から来た男性がテントを張っていた。



広河原峠から早川小屋方面の登り


今夜は私達を入れて6人なのでゆったり、小さな小屋なので要予約とのこと私達は自炊で予約(寝具付き4000円)。自炊は土間でするのかと思ったら、小屋の人がテーブルを出してくれその上でどうぞと言ってくれたので助かりました。隣では4人の方達が小屋の夕食を食べていた、失礼して写真を撮らせて貰う。今回なぜ自炊にしたかというと去年Chiyomiちゃんが泊まったときの夕食の写真を見たからでした。Chiyomiちゃんはカレーとブロッコリーと茹たまご、私も生野菜とインスタントの焼きそば。寒いけど取りあえずビールを飲みます。小屋のトイレが外なのでビールも一本だけにして、後は持ってきた日本酒を温めて飲みました。



私の夕食〜


小屋の夕食が終わると布団をひいてくれる


ご飯を食べ終わった5時頃、なんと8人の中高年のグループが到着、予約をしていた者ですと入ってきたのですが、その予約が前日だったらしく小屋番さんが「何言っているのですか!昨日の予約だったじゃないですか!」と言うと相手は「変更の連絡したはず」と言っていましたが小屋番さん「何回も確認したけど変更したことは聞いていない、昨日は8人分の夕食を作って待っていたけど来なかったので全部捨てたのですよ」とかなり怒っていました。当たり前だけどもう夕食は作れない訳で、とにかく何か食べるものと言うことでインスタントうどんを作って貰っていました。それにしても来るのが遅すぎ!!聞くと甲斐駒の七丈小屋から来たようで去年同じコースを歩いているChiyomiちゃんに言わせると、小屋で朝ごはんを食べて出発したら遅くなるわと言っていた。


普通コース設定するときは小屋に着く時間から逆算して出発時間を決めるはず、この時期初めから5時到着の計画だったらとんでもないことだと思うのですがねぇ。スゴ乗越し小屋でも中高年のグループがご飯の時間ぎりぎりに到着して小屋番さんをヤキモキさせていたことを思い出し、小屋の人が夕食を準備するのに遅くとも3時までには小屋に着くようにコース設定しないとね。自分たちの都合ばかりではなく、小屋で夕飯を作ってくれる人のことも考えなくてはとおもう。小屋の中はコの字型になっていて真ん中が土間でその半分に私達6人が寝て真ん中を挟んで向かいに8人の人達が寝ることになりました。グルーブは7時消灯を過ぎても話していてうるさいなぁ〜と思っていたら誰かが「寝ている人もいるのだから静かにしてください!!」と注意をしてやっと静かになりました。やれやれ〜





9/23(火・祝日)
早川小屋4:30〜(30分)〜広河原峠5:00〜(45分)〜赤薙沢の頭5:45/6:00〜(15分)〜白鳳峠6:15〜(1時間15分)〜高嶺7:25/7:45〜(50分)〜賽の河原・地蔵岳8:35/9:20〜(20分)〜鳳凰小屋9:40〜(40分)〜五色滝10:20〜(30分)〜白糸の滝10:50/11:00〜(30分)〜鳳凰の滝11:30/11:40〜(25分)〜南精進滝12:05/12:10〜(1時間20分)〜青木鉱泉13:30        ※歩行時間 7時間20分(小休止含む) / 休 1時間40分


 今日は日の出を見たいというChiyomiちゃんの要望で4時半出発なので3時過ぎに起き出して、外に出たら風が強いけど空には月が出ていて満天の星空今日は良いお天気になりそう。寝ている人がいるので外でご飯の支度をするつもりでしたが風が強くて土間で支度をしましたがうるさかったかも〜でも、他の人は誰も起きてこないのよね。昨日のグループ今日は鳳凰三山を夜叉神峠まで行くと言っていたのに、朝ごはん食べていて間に合うのかしら〜といらぬ心配をしてしまった。赤薙沢の頭で朝日を見るために予定どおり4時間30分出発、本当は4時15分出発と言っていたのですが小屋番さんに聞いたらその手前で見えるところがあるというので出発を少し遅くしました。ヘッデンを点けての山道を歩くのは久しぶり、これから明るくなっていくのでヘッデンを点けて歩くのも苦にはならないけどこれが夕闇迫ってからのヘッデン歩行は本当に怖いです。
 

昨日の道を広河原峠まで戻り峠に到着、峠からは下界の灯りが見えました。ここから赤薙沢の頭の登りで教えた貰った場所からは日の出が見えない、Chiyomiちゃんは去年歩いたときここから見えたというのですがその時は7月の23日、二ヶ月もたつと太陽が出る位置が違ってきていると思うけど、結局地蔵岳の影に隠れて日の出は見られませんでした。でも赤薙沢の頭から地蔵のオベリスクの所から日が差してきたのが見えました。ここからの景色は素晴らしく早起きしてきて良かった〜甲斐駒・仙丈・北岳と展望抜群でしばし景色に見とれていました。



赤薙沢の頭からの景色クリックで大きくなります

オベリスクの脇から日の出

朝日がさした北岳


ここから白鳳峠にいったん下りいよいよ今日一番の登り、高嶺の登りに掛かります樹林帯の中からハイマツ帯になり次ぎに巨岩帯を登ると目の前に富士山がどぉーーーと見え、赤薙沢の頭よりさらに360度の展望が待っていました。昨日苦労して登ってきて良かった〜ゆっくりと景色を楽しみ地蔵岳に向かいます。



いったん下り白鳳峠に到着

高嶺の登り、岩が多く最後の急登は岩岩

登り切ったら富士山が見えた〜
白根三山・・・来年行くからねぇ〜


高嶺から地蔵岳迄の稜線は鳳凰三山独特の花崗岩のざれた登山道で滑らないように気をつけて歩く、観音岳方面からの登山道に合流するととたんに登山者が増える。少し下るとお地蔵さんが置いてある所に出た、前に来たときよりも新しいお地蔵さまも多くなっている。



地蔵岳に向かう尾根道、観音岳が見ます。

地蔵岳のオベリスク、下は賽の河原

観音岳からの縦走路の分岐、後は北岳

賽の河原、後は甲斐駒


 Chiyomiちゃんが去年来たときにクサリがあり登れるからmoguちゃん登って見たらと言うのでクサリがあるのだったら登れるのかなと思いオベリスクの基部に行ったのですがクサリなんて何処にもない。よくよく見るとクラックの所にシュリンゲらしきものが見えたが登山靴でこれ以上登るのは怖いので止めました。



観音岳の隣に富士山、オベリスク基部にあった鳳凰大明神の碑

左のクラックの所にシュリンゲらしき物があったけど・・・・写真Chiyomiちゃん

 
 地蔵岳でしばらく遊んで9時40分鳳凰小屋に向けて下山、コのコース8年振り初めはざれた所を下り樹林帯に入ると沢沿いの道を下るとあっという間に鳳凰小屋に到着です。ここで小屋番のおじさんが青木鉱泉からのバスが動いていないという、大雨で道路に何かあったのかな?でもタクシーは通れているようなので取りあえず下る事にした。このドンドコ沢のコースには滝がたくさんある。初めは五色の滝・白糸の滝・鳳凰の滝・南精進滝と続いています。


その滝の間の登山道は岩ゴロの悪路、枝沢も渡るので結構アップダウンもあり大変ですがたくさんの登山者が登ってくる20人くらい遇ったかな〜Chiyomiちゃんと大変なのによく登ってくわ、ここは登りたくないよねぇと言いながら下りていきました。途中からは普通の登山道になるのですがそれにしても長い、8年前を思い出しながら下り青木鉱泉に着いた。



五色の滝・・・・・・白糸の滝

鳳凰の滝・・・・・南精進滝

青木鉱泉に到着
 


 やっぱりバスは通っていなく、単独の男性と3人でタクシーを呼んで韮崎まで行くことになりタクシーを待っている間にお風呂に入り、最後はこれで締めました。私が初めて登った大きな山、また初めて真っ暗な中ヘッドランプをつけて下ったドンドコ沢、再訪出来てなんだか感慨深い。