登った日 2008年1月6(日)
天気
メンバー 渓友塾、mogu
目的 トレーニング山行
行程 奥多摩8:05〜(2時間)〜鋸山10:05/10:10〜(1時間5分)〜大岳山11:15/11:25〜(1時間)〜御岳12:25/13:05〜(30分)〜日の出山13:35/13:40〜(1時間25分)〜金比羅尾根山道分岐15:05〜(25分)〜林道15:30〜(25分)〜瀬音の湯15:55
※歩行時間6時間50分(小休止含む)休憩1時間
御岳〜大岳山〜馬頭刈尾根の地図



2008年の初登りは渓友塾のトレーニング山行で幕開けです。


コースは12月に忘年山行で歩いた奥多摩から鋸山・大岳山・御岳、今回はここからは日の出山に登り金比羅尾根を下って途中から山道を下り瀬音の湯方面に下りるというコースです。普通のパーティー登山だと遅い人に合わせて歩くし、単独だとどうしても自分のペースで歩いてしまうのでどうしてもトレーニングにならない、やっぱり引っ張ってくれる人がいないとダメなのです。やはりトレーニングという意識を持って歩かないとトレーニングにならない。トレーニング山行は普通の登山とは違い、遅いのはどんどん置いて行かれます。


今回のメンバーは塾長・久美さん・Iさん・Yさんと私の5人で奥多摩駅から歩き始めました。前回の大菩薩のトレーニング山行の時は、荷物を軽量化して行きましたが今回は少し荷を重くして行ったら出だしから遅れ気味になってしまった。愛宕山の恐怖の階段を上り鋸山を目指して登り始めるが、あっという間に前の人達が見えなくなってしまう。



今回も登った愛宕山の階段、

 
小休止の時に追いつくが歩き始めるとすぐに離されてしまう、私もいつもよりは速く歩いているつもりなのだけど登りはやっぱり遅いな。鋸山には5分遅れくらいで着きました、ここまでゆっくりとは休んでいないのでチョット長めの休憩を取るが先に着いていた人達は私を残して出発したので私もゆっくりとは出来ずに歩き始める。ここから大岳山まではノンストップで行くが途中先に行っていたYさん歩いていた。聞くとオーバーペースで脚が上がらなくなってしまったらしい。先に行ってと言われたので追い越して先に行く事にした、大岳山を登り山頂に到着〜いつもながらたくさんの人達。富士山も綺麗に見えました。しかし大岳山から御岳までの道は今回を入れると2往復したことになるけど、ご縁があるというか、まぁ自分で選んだのですがまさかこんなに来るとは思っても居ませんでしたわ。



大岳山山頂にやっと到着〜みんなでパチッとね

今回は綺麗に富士山が見えました〜4回登って2勝2敗と言うところかな


大岳山からは下りになり下りは置いて行かれないように歩く、御岳までは結構たくさんの人が歩いている、途中でHgさんと遇い新年のご挨拶。御岳神社まではもちろん巻き路を歩きます、大岳山から御岳まではたくさんの人達が歩いている。御岳神社参道のおみやげ屋さんでお昼休憩、ここは中でお弁当を食べても良くお茶も出して貰い、なんと出るときには孫の手をお年賀にと貰いました。


御岳神社に到着、本殿には行かず・・・・今日は初詣の人達で賑わっていました。


お昼を食べた後は日の出山に向かう、山を始めたばかりの頃2回くらい登って以来だ。山頂からは東京方面がよく見えた。ここから金比羅尾根を下るがこの尾根を下るのは初めて、つるつる温泉方面の分岐からはほとんど展望もない樹林帯の中を歩く、聞いてはいたけど本当に何もない登山道でした。



日の出山から東京方面がよく見えます。

日の出山山頂と金比羅尾根


金比羅尾根に入ると瀬音の湯に行くのに途中から山道に入るので地形図を見ながら歩いていき、金比羅神社の手前531ピーク付近右に入る山道があり、そこを下りていくと鉄塔の所に出た。地形図を見ながら鉄塔を横切り鉄塔の巡視路を歩いていく二本目と三本目の鉄塔を過ぎると右下に林道が見えて程なく林道に出ました。遠くに瀬音の湯の屋根が見えます、林道を落合集落に向かって下り落合橋手前から瀬音の湯に行く道が有り吊り橋を渡って登ると瀬音の湯に到着〜やれやれやっと着きました。



送電線の巡視路を下る。林道を下って・・・

瀬音の湯に到着しました〜最後の登りがきつかった。