登った日 2007年6月25(月)
天気
メンバー midoriさん、mogu
目的 ハヤチネウスユキソウを見に行く
行程 ウスユキ山荘5:40〜河原坊6:00〜(3時間15分)〜山頂9:15/9:40〜(1時間40分)〜小田越11:20/11:30〜(20分)〜河原坊11:50※歩行時間5時間15分
関連リンク 大人の休日クラブ
早池峰山
立ち寄り湯:大迫町ブドウの湯
早池峰山の地図 早池峰山のお花アルバム



  23・24日と大行沢を遡行して(レポはこちら⇒大行沢)仙台で皆と別れ、私とmidoriさんは大人の休日クラブの乗り放題12.000円のチケットを目一杯使おうと、翌日早池峰山に登るために新花巻駅に移動。そこウスユキ山荘でレンタカーを大人の休日クラブ料金(マーチで24時間5000円でした)で借り事にした。新花巻駅を18:50分に出発途中コンビニで食料を調達、今の時期東北は7時過ぎでも明る。道も今のレンタカーはカーナビも付いているので心強いし、東北の道はあまり車も通っていなくて走りやすいので迷わず行けました。20時に早池峰山麓の無人小屋ウスユキ山荘に到着、ウスユキ山荘は道路のすぐ側にありログハウスでトイレも水場も有ります。私達は遅く着いたので誰か居たらイヤだねぇ、変な人がいたら岳の民宿に泊まろうねと話していましたが誰も居ませんでした。


 4時に目が覚めて出発の準備、今日もお天気いい。一夜の宿を借りたウスユキ山荘を後にして登山口の河原坊に向かいます。10分ほどで河原坊に到着、駐車場に数代の車が駐まっている。今の時期、土日は車の規制があって岳までしか車が入れないらしいけど月曜日だからここまで来られた。バスの便もあまりないみたいで東北はやっぱり車でないと時間がかかってしまう、レンタカーにして正解でした。




河原坊の登山口・・・・初めはこんな感じの登山道を登る

 6時だというのに日差しがまぶしい、帽子を昨日入った温泉に置いてきてしまったのでまぶしくて仕方ない。温泉には今日履くつもりのサポートタイツと下着も置いてきてしまい、後日電話して送ってもらったのでした。コースは当初小田越から登ろうと思っていましたが、midoriさんの提案で河原坊からコメガモリ沢沿いに登るコースにした。これは正解でお花を見つけるのには下りよりも登りの方が見つけやすい。それにこちらのコース上に行けば行くほど傾斜も急でガレ場、こちらを下りに使うのは大変だわ。



沢を何度か徒渉する



  歩き始めるとすぐに沢の徒渉があり、こちらのコースは雨の時はすぐに増水してここが渡れなくなるので要注意と後で会った地元の人が言っていました。今日はお天気も良いのでもちろん難なく渡れ、何度か沢を渡っていくとだんだんと傾斜が増してきてお花も出て来た。沢から離れて直登気味になるとチングルマ、ミヤマアズマギク・ハヤチネウスユキソウも咲いていてお花畑です。朝が早いので登っている人もいないのでゆっくりと写真が撮れる。midoriさんは花目を持っているのか、次々とお花を見つけてくれるので助かる。何種類のお花撮ったかな〜アルバム見てね。急登もお花を見ながら登るので苦にならない。



これから登るコースを見上げる。

登るにつれて周りにお花が出て来た〜第1ハヤチネウスユキソウ発見!!

  沢筋から離れるとだんだんと傾斜も増してきて、御座走りと名前のついた場所や打石と名の付いた奇岩が出てくる。 しばらく行くと下の方に団体が登ってくるのが見えてきました、私達がゆっくりなので団体の中でも早い人が追いついてきましたがそれが何ともにぎやかなおじさん・・はっきり言ってうるさい。先に行って貰いそうこうするうちに山頂に到着。



下から団体が登ってくる

山頂直下はこんなようなガレ場

早池峰山山頂。

早池峰山も信仰の山で山の上には神社が有り、避難小屋も有りました。山頂からは岩手山・姫神山などの山も見え梅雨時とは思えないお天気です。団体が続々と登ってきてにぎやかになったので私達はそうそうに下山することにします。


写真では霞んでいますが、岩手山も見えました〜めったに見られないとのこと


山頂の避難小屋と小田越しコースに残っていた残雪


下山は小田越コースを下ります、こちら初めはミニ湿原がありそこを過ぎると岩場になり鎖場も出て来た。こちらのコースの方が河原坊よりも楽だとのことで、団体の人達や登山者とすれ違いますがどっちも岩場が続くので大変なコースだと思う。それにしても平日なのにたくさんの登山者でこれが土日だともっと凄いのだろうな〜登るのにも渋滞しそう、平日に来て正解でした。



小田越しコース名物の鉄ばしごと五合目にある御金蔵という名の岩場


こんな岩場を下りてきた


 小田越コースは至仏山にもあった蛇紋岩が有るので、下るときに足の置き方を間違うと滑る私も1回滑ってしまった。途中であった地元の人に聞くと、小田越コースは尾根なので風が強くお花もあまり大きくなれない、河原坊の方は沢沿いの道なので増水すると大変だがお花は風を除けているので早く咲くとのことでした。小田越しコースにもウスユキソウが咲き始めていす。山頂から休まずにいっきに下り小田越の登山口に到着、ここから車道を歩いて河原坊に戻りビジターセンターに寄って今日撮ったお花を確認してから車で大迫(おおはざま)のブドウの湯に寄り新花巻駅に向かいました。



小田越コース登山口と早池峰山
新花巻駅で食べた冷麺

今回、泊まりの沢登りの後の登山なので登れるか心配でしたが、疲れたけどなんとか無事に登ることが出来て、ハヤチネウスユキソウも見ることが出来たので行った甲斐が有りました。お花は時期を逃すと見られないから、行こうと誘ってくれたmidoriさんありがとうねぇ〜