山行日:9月5日(火)
場所:大菩薩・笹子川大鹿沢すみ沢地形図:笹子
ルートと時間 笹子駅〜(車)〜大鹿川林道・滝子山登山道入り口9:15〜大鹿沢スミ沢入渓9:30〜(遡行)〜1250m付近登山道13:30〜(登山道)〜滝子山登山口15:00
※遡行時間4時間
今回の沢は塾長も初めての沢というので、どういう渓相か楽しみですがこの沢滝子山の登山道の脇を通っていると言うことなので知っている人も多いかもしれません。でも私もここ登山道は初めてなので楽しみです。前回の白毛門でバテてしまったので今回は休養充分で望みます。
 滝子山の登山口から少し登山道を歩いて入渓、今日はお天気が良いので暑いかと思っていましたが沢の中は大きな木が茂っていて木漏れ日の中気持ちの良い遡行となりました。入渓してすぐに小滝が出て来た、ここは左を登っていく。何個かの小滝は滑りやすいところではロープがでたが直登出来る滝ばかりです。塾長も思ったより滝が多いし水も綺麗だと言っていた。途中で登山道にいったん出て登っていくが下を見たら面白い滝が有るので戻ってその滝を登る。三条の滝を登った後も適度に小滝が出て来て滝の登りを楽しめた。
 お昼を食べた所から上に二段の大滝が見えてきた、まさかこんなに大きな滝があるとは塾長も知らなかったようだ。初めはフリーで登っていきましたが、途中からはロープが出て確保して貰いながら登る。上部からは滝口に下りる巻き路がある。

登る時の注意
  • 大滝の終了点では塾長に最後まで気を抜かずゆっくりと登らなければダメだと言われた。私達みんな焦って早くなるようだ・・
 滝を登っていて終了点に近づくと私達はどうしても急いで登ろうとする、心理的には早く終わってホッとしたいという気持ちの現れて無意識に急いで登ろうとするのかもしれない。こういう時に足を滑らせたりして危ないので、十分に安全なところまでは気を抜かないことと注意されました。
大滝を登ってしばらく行くとナメが見えてきてナメの2〜3m小滝も現れてきた。ここは塾長に確保して貰いつるつるのナメ滝の登りに挑戦。クラックが有るのでそこに足を置いてホールドもクラックの中しかない・・・スラブの登りは足を大きく前に出しそこで立ち込こまなくてはダメなのですが、私は最初の一歩が立ちこめずロープを持ってしまった・・・残念だわ。こういう所は初めてなので良い練習になりました。

このナメ滝を過ぎると沢もヤブ沢になって、奥二俣まで行く予定でしたがここで登山道にいったん上がり奥二俣を確認しに少し登っていく。上部は滝もなくこの沢はナメ滝までが面白いです。
晴天

今回の沢は前回の白毛門の時と同じく良いお天気でしたが、谷の中なので木が日差しを遮ってくれているので暑くなかった。前回の白毛門は開けた谷だったので直接日が差し岩も暑くなっていたので余計に暑く感じられてバテたのかも・・・今回の沢は木漏れ日の中、適度に水に浸かりながら快適に遡行できた。前回と今回同じお天気なのに感じ方が違う、まったく人間てというか私って勝手よねぇ(^^;