1日目〔6/29火曜日〕

成田に8:45分集合、10:45発のオーストリア航空直行便でウィーンに向かいました。飛行機は満席〜初めはドイツのミュンヘンから列車で入る予定でしたが、シーズンで飛行機が取れないとのことで思わぬウィーンの町に一泊となりました。オーストリアはEUに加盟しているので通貨はユーロです。初めて使いました。(笑)日本を発って12時間15分も飛行機に乗って二回も食事が出て、ウィーンには16:00到着。時差が8時間ありいまはサマータイムなので7時間です。この時差っていつも不思議に思うけど、なんか時間を跳び越しているような感じ、体はまだ日本時間で夜中の11時近いのに、現地はまだ午後の4時なんですもの・・・それに9時過ぎても明るい。
ホテルに着いて少し時間があったのでホテルの近くを散歩しました。中心地からは少し離れていたので、有名な所には行けませんでした・・・で飛行機で2食も食べたのにまた食事です(笑)

2日目〔6/30水曜日〕

ウィーンを8時出発、バスでチロル州のマイヤーホーフェンに向かいますが、ウィーンからマイヤーホーフェンまでバスでアウトバーンを通り約8時間。オーストリアからいったんドイツに入りまたオーストリアに・・・国境もなくパスポートも見せなくて良いのよ〜もうヨーロッパには国境は無いのかもね。お昼はドイツのサービスエリアで各自好きな物を買って食べました。途中ガラス細工で有名な町に少し寄り
15:45分にマイヤーホーフェンの「アルペンホテル・クライマービルト」という町の真ん中にある素敵なホテルに到着。早速お部屋に入ったら、広くてとても素敵な部屋。
難点はツインじゃないことくらい・・・でもベットは広いからそんなには気にならないかな?(笑)この日はホテルで夕食、今回のツアーメンバー19人の自己紹介が行われました。

2日目の


3日目〔7/1木曜日〕 //

いよいよトレッキングの日です。マイヤーホーフェンのあるツィラタールの谷はチロルの谷の中で最も巾が広く、そのため明るく優しい感じのする谷で冬はスキーのメッカ、夏はトレッキングが盛んな所でそれだけ設備も揃っています。この日はマイヤーホーフェンに住んでいる有名な登山家の「ペーター・ハーベラーさん」の案内で少し軽いトレッキング。ホテルから歩いてロープーウェイ駅に向かい、ロープーウェイで標高670m-1965mいっきに上がります。上の駅に着いたら目の前には私が思い描いていたチロルの風景が広がっていました。

ここからお花を見ながらゆっくりと歩いてエーデルワイスヒュッテに向かいます。所々にまだ残雪が残っているけど、殆どトラバースの道で最後に少し急登を登るとエーデルワイスヒュッテ。2000b近いところに有りヒュッテの周りにはまだ雪がたくさんありました。ここで昼食〜カツレツにジャガイモとキャベツの酢漬けは結構美味しかったです。一時間ほどゆっくりして雲行きが怪しくなってきたので、元来た道を戻りロープーウェイの側にある小屋で休んで下に戻りましたが、下りたとたんに突然の雨〜嵐のようなお天気になり間一髪でホテルに戻れました。C=(^◇^ ; ホッ!少ししたら雨も上がってきて、今日は外のホテルに夕食〜美味しいかったです。でもまだ雲行きが怪しい〜明日は本番のトレッキングだけど大丈夫かな?








3日目の

トップ 次ぎのレポへ